Think with Entertainments!

我流を流れ一流へ合流

スター・ウォーズのディズニー3部作とは何だったのか

新作公開の度に賛否を呼ぶスター・ウォーズ。ルーカスの作り出した伝説とも言える「オリジナル」、公開直後は賛否が分かれるも同じく伝説入りした「プリクエル」。

ディズニーが新たに生み出した「シークエル」は、時代の潮流を感じさせる中で今まで以上に大きな話題を呼んだ。そして、エピソード1〜9の全てを包括するスカイウォーカー・サーガ完結作として『スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け(エピソード9)』が公開された。

今回は、シークエルとは何だったのかを過去の作品も交えて考えながら、作品に込められたメッセージを検討していく。

スター・ウォーズ映画全作品のネタバレあり。また、筆者は映画のみしか履修していない。

 

 

たみふるDのエピソード1〜8の感想は以下の記事へ

スターウォーズ映画の感想全部書く - Think with Entertainments!

 

シークエル3部作の功罪

シークエルは『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』、そして『スカイウォーカーの夜明け』の3部作。各々の評判を改めて整理してみることにする。

『フォースの覚醒』

公開:2015年冬

監督:J.J.エイブラムス

シークエルの駆け出しとなった本作は、概ね好調な滑り出しに見える。ストームトルーパーの道を外れる決心をしたフィン、パイロットのポー、そして部品収集を稼業とするレイの3人の関係は新鮮。フィンのライトセイバーシーンなどは、「すべての者がフォースを使える」ように思わせる演出として機能、新しいスター・ウォーズとなった。それだけでなく、過去作品をリスペクトしたシーンも多数あり、ファンを熱狂させた。カイロ・レンのキャラクターも、闇落ちならぬ「光落ち」を予感させる雰囲気があり、ダークサイドのキャラクターとしては印象的な役回りだった。

一方で、スター・ウォーズファンだというJ.J.の気質が裏目に出たか、この作品はしばしば「『新たなる希望』の焼き直し」だと揶揄されることもあった。ファンサービスもあくまでファンサービス、機嫌取りに過ぎないとする声もある。また、スノークとカイロ・レン率いるファースト・オーダーは「敵として脅威になり得ない」ともされた。つまり、弱すぎる。

監督について

J.J.の作風は「ミステリーボックス」と呼ばれるもので、「とある核心を最後まで隠し、それを明かす過程を物語とする」ものである。つまり、ミステリーボックスの中に入っているものを想像し、最後に取り出すのが物語であると考えている。この作品で、物語の核心は「スカイウォーカーの地図」。これを探すまでの過程を描くべく、その途中随所にファンサービスを差し込む余裕は大いにあったと考えられる。

 

『最後のジェダイ

公開:2017年冬

監督:ライアン・ジョンソン

傑作にして問題作。

本作では、ルーク・スカイウォーカージェダイの存在を徹底的に時代遅れの忌まわしき存在として描いており、そこに新たなスター・ウォーズ観を生んだ。「衝撃のスター・ウォーズ」を作ろうという心意気が強く感じられ、衝撃的展開や繰り返されるどんでん返しに忙しい作品だ。スター・ウォーズ作品に新しさを求めていた人々にとってすれば、これ以上の驚きはなかったはずだ。

一方で問題もある。その内容故、オリジナルが大切にしてきたルークの正義像を大きく歪めていたし、スター・ウォーズにあり得ない描写も多いと言われた。そして、3部作の真ん中、繋ぎの作品であることも影響し、全体的に事態は深刻化、ハッピーエンドと言い難い作品になった。ポーグなどのキャラクターの登場は、ディズニーのお小遣い稼ぎとも言われた(グッズ化しやすいため)。

何はともあれ、本作は前作で築いた作品と逆の方向へ走ってしまったのだ。ファンサービスに対しテーマ改革、懐古ストーリーに対し革新ストーリー。いつものスター・ウォーズに対し衝撃のスター・ウォーズと……。

監督について

ライアン・ジョンソンは、作品『LOOPER/ルーパー』で日の目を浴びた監督だが、その監督歴はあまり長くはない。どんでん返しを詰め込む作風であると言われ、作品の粗を潰すことよりも全体としてのスケールを意識しているのかもしれない。J.J.とは対照的である。この点で、シリーズ作品であるところのスター・ウォーズとは相性が悪かったか。

 

『スカイウォーカーの夜明け』

公開:2019年冬

監督:J.J.エイブラムス

シークエル完結、スカイウォーカーの物語完結である。監督は『フォースの覚醒』のJ.J.に戻り、従って作風も戻った。

何より大きいのは「大波乱の3部作をよくぞ完結させてくれた」ということだ。後述する粗こそあるものの、なんとか綺麗に収めようとしてくれたJ.J.を称賛する声は多いだろう。カイロ・レンの成長記も閉幕し、レイの生まれの不明は長らくの敵であるパルパティーンと結びつけられた。そして、フォースの表裏を描き、アナキン・スカイウォーカーの役目をしっかりと継ぐこととなった。そして、これまで消えたジェダイの声も観客とレイを勇気づけた。

一方で、『最後のジェダイ』が描ききれなかった部分を詰め込んで製作した分、内容はスピーディーかつごちゃっとしたものになった。パルパティーンの唐突な登場などがそれだ。また、『フォースの覚醒』に予感させた誰もがフォースを使えるような世界観からは離れ、別の意味での血筋の解放に向かった。これを「結局は血筋じゃん」と言う場合もある。なお、『フォースの覚醒』同様ファンサービスの過剰さにも言及がある。ランド・カルリジアンの嬉しい登場も、それ自体には必然性がないということだ。

そして、最後にレイが名乗る名前「レイ・スカイウォーカー」についても否定的な声がある。パルパティーンの名を受け入れるもよし、「ただのレイ」と名乗るもよしだったはずだ。

監督について

「おかえり、J.J.エイブラムス!」と言う声も多い。彼の今作は、スター・ウォーズへの愛に溢れていて、なんとか完結へと向かった。しかし、そこに残ったしこりは大きい。J.J.には描きたかったエピソード8もあったはずだし、そもそもこの3部作自体の無計画さを批判する声もある。

最後に、ジョージ・ルーカスが思い描いた9部作構想とは一体何だったのか、誰もが気にしていることだろう……。

 

「シークエル」とは何だったのか

シークエルに最後まで付き纏った問題は「過去作品をどう扱うか」である。例えばJ.J.の作風は「オリジナルの焼き直し」であったし、ライアンのものは「過去作品の否定」であると捉えられかねない。

ここで私が思うに、シークエルとは次のツイートに集約される。

TamifuruD on Twitter: "スターウォーズ7-9は、懐古主義なのではない。スターウォーズ7-9が扱うテーマが懐古主義なのである。それはちがう。"

これは一体どういうことか。

 

時代は変わった

新3部作において大きなポイントとなるのは「監督」と「時系列」である。

先ず「監督」は変わった。1〜4はジョージ・ルーカスであり、5と6は監督こそ異なるものの彼の手の届く範囲で作られた。しかし、7と9はJ.J.エイブラムス、8はライアン・ジョンソン

そして、「時系列」は次のように変化する。プリクエルの作品の18年後がオリジナルであり、オリジナルの30年後がシークエルだ。

つまり、プリクエル〜オリジナルはジョージ・ルーカスの現役世代、その後は一回り下の世代に移行しているのである。これは、監督においても、ストーリーにおいてもである。

プリクエル(約13年間)

〜間18年間〜

オリジナル(約4年間)

*ここまで36年間

〜間30年間〜

*ここまで66年間

シークエル(1年間?)

ここから、シークエルとは先代を見る作品であり、プリクエルやオリジナルとは一線を画す措置が取られていることがわかる。それは、総括する監督や作品イメージが変われば作品内での価値観が変わるからではないだろうか。

 

過去を追う『フォースの覚醒』

先ず、『フォースの覚醒』時点においてレイとフィンは「フォース」「ジェダイ」「ルーク・スカイウォーカー」などの単語を伝説だと投げ出している。そして、ハン・ソロからそれが事実であることを知らされる。ハンはオリジナルからのキャラクターだが、当時はフォースを信じていなかった。そこから彼の中では価値観の転換が生じていたらしい。

次いで、カイロ・レンはダース・ベイダーに憧れを抱く暗黒面の者として現れる。カイロ・レンがベイダーのどこに憧れていたのかは詳しく描かれていないが、暗黒面もまた過去を見る人物が現れる。

そして、マズ・カナタからルークのライトセイバーを渡されるも拒むレイは、一度伝説に触れることから逃避したものの、最後にはルーク自身へとライトセイバーを渡す役回りになる。ここでも、彼女が過去を見る描写が詳しくなされる。

このように、『フォースの覚醒』はそもそも、作品の類似性だけでなく徹底的にオリジナルを意識した作りになっていることは明らかだろう。

では、フォースの覚醒とは何だったのだろうか。それは、過去と現代が出逢い、そこに新たなインスピレーションが生まれる瞬間だ。レイはフォース、或いはルークの存在と出会うことで過去を自覚し、それらが今の自分とどう関係するのか過去を追いかけることになる。

 

過去に迷う『最後のジェダイ

『フォースの覚醒』では、レイが見た過去をルークが捨てる場面から始まるし、カイロ・レンも自身のマスクを捨てる。

一方で、今作でのフィンやポーの行いは、「最後まで希望を信じて戦う」必死さのようにも見える(安全策を知らない大博打とも取れるが……)。結局彼らはいいところ無しだが、今作で最も行動に迷いがなかったのは彼らであったろう。このように、キャラクターによって過去を信じる者、信じない者と現れるのが本作だ。

そして、こうした姿は『クローンの攻撃』や『シスの復讐』後半で描かれるアナキンとも通ずるところがある。彼もまたジェダイというものを考えた1人であり、事実『シスの復讐』ではジェダイの不信感を拭いきれず暗黒面へ堕ちた。思えば、ルークやヨーダはプリクエルもといシークエルで「ジェダイは正義」と信じて止まなかった人物だ。ジェダイの偏りに気付いたのはフォースのバランスを保つ者とされたアナキンが最初であり、それを追う形でルークやヨーダもそれに気が付いたと言える。

過去を……

「信じる派」──レイ、ポー、ローズ

「信じない派」──ルーク、ヨーダ、カイロ・レン、フィン

ここにおける過去とはジェダイの正義性と、レジスタンスについてであるが、こうして見てみると、オリジナル世代がジェダイを拒んでいる点が面白い。また、アナキン自身は長らく「信じない」スタンスでベイダーを名乗っていたわけで、そこにカイロ・レンが重なってくる点もある。

さらに、カイロ・レン自身についてとくに見てみると、彼は前作の終盤からソロの名を拒むようになっている。これもまたひとつの過去の否定であると言えよう。

象徴的なのはフィンである。そもそも『フォースの覚醒』時点でストームトルーパーという過去を否定した人物であり、一貫してこの立場にいるのだ。

最後のジェダイとは、誰のことであろうか。ルークの霊体化によって、残るジェダイはレイのみとなったとするのが自然な流れだろうか。それとも、カイロ・レンのジェダイへの復帰を匂わせるタイトルであろうか。ここに於いて最後のジェダイとは非常に曖昧な言葉であった。そこには、最後を位置付けるにあたってのレイとカイロ・レンの迷いが問題になってくる。

 

過去を選ぶ『スカイウォーカーの夜明け』

さて、いよいよ本作『スカイウォーカーの夜明け』だ。本作において重要になるのは過去を「選ぶ」ということだ。これに関しては非常にわかりやすい。

最後にはレイが、レイ→レイ・パルパティーンの名を経てレイ・スカイウォーカーを名乗る。これはレイが「自身の血筋を捨て」、「ジェダイの道を選ぶ」結果である。対照的にカイロ・レンは「シスとしての道を捨て」、「ハン・ソロの息子という血筋を選ぶ」のである。

さらに、ポーは作中で何度もこれまで共に戦ってきたレジスタンスを「捨てる」か「選ぶ」かという悩みに苛まれ、最終的には「選ぶ」。

フィンは『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』と一貫してファーストオーダーとの決別を考えている。過去を「捨てる」人物だ。

このように、『スカイウォーカーの夜明け』では、過去に悩みつつもそこに決着をつけるシーンが描かれる。では、スカイウォーカーの夜明けとは何だったのか。

レイがジェダイを継ぐことで、スカイウォーカー家のルークとレイアがマスターとしての役割を終えたこと、即ちもといレイがレイ・スカイウォーカーの名を名乗ることがそれであろうか。

または、スカイウォーカー家のアナキンがベイダーと名を変えても成し得なかった「大切な人を救う」という行為がカイロ・レンによって行われ、アナキンがジェダイを下りた経緯が果たされたことも意味するだろうか。さらに、アナキンに関して言及すれば、レイというパルパティーンの子孫、即ちシスの暗黒卿の子孫がジェダイへと成り代わり、ジェダイを肯定しつつも中立的な立場を得たことが、アナキンのフォースにバランスをもたらす役割の完成を意味するのだろうか。

 

スター・ウォーズEP9「トレボロウ版」とは何だったのか

スター・ウォーズEP9「スカイウォーカーの夜明け」は、本来J.J.エイブラムスではなくコリン・トレボロウが製作する予定だったという。

コリン・トレボロウの『スター・ウォーズ エピソード9』、ストーリーの詳細が判明 | 未知領域

この作品はDuel of the Fates(運命の決闘)という名が付けられており、そこに幾つかの異なる点が見られる(「運命の決闘」は筆写訳だがこれを用いる)。

①レイはフォースのライトサイドとダークサイドを受け入れて新たなジェダイとなる

②レイの両親を殺したのはカイロ・レン

この二点について議論していく。

‪まずひとつめ。スター・ウォーズは、プリクエルであれだけジェダイを「正義と副作用を併せ持つ不完全な集団」として描いた。アナキンという、形こそ歪なもののそれに気づく者が現れた。『最後のジェダイ』でルークとヨーダが遅れてそれを悟るのも面白い。‬トレボロウ版の優秀な点はここにある。‪

『スカイウォーカーの夜明け』のストーリーを採用するならば、『最後のジェダイ』では『フォースの覚醒』で示された「誰もがジェダイになれる説」を推し進めるべきだった。或いは、EP9がジェダイ負の遺産と暗黒面の必要性を認めるべきだった。この後者が「運命の決闘」だったのだ。

次にふたつめだが、ベン・ソロの扱いは『スカイウォーカーの夜明け』の方が美しい。彼をダークサイドから戻すのはジェダイでない男、そして実の父親のハン・ソロである。また、前述した通り、最後にレイを救って霊魂化する点において、アナキンが彼の愛した妻のパドメを救おうとした点に回帰している。アナキンはダークサイドに落ちたが、カイロ・レンはそこから脱して目的を達成したと言える。「運命の決闘」では、カイロ・レンは最後まで悪役となるが、ベイダーを踏襲した彼がそのような流れを汲むのは些か不自然である。

 

ディズニー3部作とは「スター・ウォーズルネサンス」物語である

かつて、中世イタリアのフィレンツェで人々は、物語の再生を望んだ。キリスト教に支配された世界観から脱出し、人間を中心にした芸術「人文主義」が台頭した現象こそ「ルネサンス」である。

この時期、フィレンツェの人々が参考にしたのはギリシア文化である。その当時、キリスト教は存在せず、文化への影響は少なかった。哲学が最高学問とされ、世の中の本質であるところの「万物の根源」を探す活動が営まれた。こうした土壌で生まれた文化は、キリスト教支配からの脱却を謀る彼らにとってみればすがりたい藁であった。

しかし、それは幻想に過ぎないのだという。まず第一に、彼らはギリシア文化とローマ帝国文化を混同していた。そして、ローマ帝国時代とは正に、キリスト教の価値観が認められつつある時代だった。第二に、ローマ帝国文化とはあくまでギリシア文化を模倣したものに過ぎなかった──ある意味では、それ自体がルネサンスであった。

話は中世に戻る。フィレンツェの人々は、こうして歪んだギリシア文化を採用していた。例えば建築の分野では、ギリシア時代には柱を中心とした建築が生まれ、「コリント式」「イオニア式」などの様式が誕生したが、ローマではこれを大きく流用していた。唯一の遺産はアーチとドームであった。これらを一緒くたに「過去の栄光」ととりまとめ、復興を目指したのが「ルネサンス」である。

では、スター・ウォーズルネサンスとしてのシークエルはどんなものだろうか。スター・ウォーズルネサンスは大きく分けて「映画ルネサンス」「物語ルネサンス」に分けられる。

まず前者の「映画ルネサンス」。文化の担い手はフィレンツェの人々からディズニーの人々、つまりJ.J.エイブラムスやライアン・ジョンソンたちへと変わった。そして、ギリシア文化とはオリジナルであり、ローマ帝国文化とはプリクエルなのである。

監督たちはこれらから何かしらを学び、スター・ウォーズ様式を生み出した。J.J.エイブラムスは「物語」と「ルーツ」を学び、ライアン・ジョンソンは「独創性」と「革新」を学んだ。そうして生まれたものは、「スターウォーズだがオリジナルとプリクエルのキメラ」であり「ギリシア文化とローマ帝国文化の折衷」であったというわけだ。

例えばジェダイについて考えてみよう。オリジナルにおいてはベイダーを倒す正義として描かれる。しかしプリクエルでは、アナキンのダークサイドへの暗転を擁護するかのように、中立的な立場で時に悪を演じる。ディズニー3部作ではこの目的とジェダイの立ち位置を履き違えていたのではないか。J.J.エイブラムスは前者の「ジェダイ正義論」を取っていたし、ライアン・ジョンソンは「ジェダイ中立論」を取った──どちらも『スター・ウォーズ』だが、どちらも『スター・ウォーズ』ではない。

次に「物語ルネサンス」について。今度はフィレンツェの芸術家→レイやカイロ・レン、ポーなどであり、ギリシア文化とは「事実」、ローマ帝国文化とは「伝説」である。繰り返しになるが、『フォースの覚醒』でレイやフィンはハン・ソロから、ジェダイとルークの伝説が本当であると聞く。一方でカイロ・レンはルークに裏切られた(と感じた)上、祖父のベイダーに憧れを抱いてしまう。彼らは過去の「伝説」を再現しようという中で「事実」気付かされ、そこに自分たちの想いや文化を乗せていく。この「事実」と「伝説」のギャップが物語を動かし、レイとカイロ・レンの戦いを主導するのである。そして、そこから新たに何を生み出すかということに関して、キャラクターたちは踏み込んでいくことになり、それは正に「過去の時代を追い求めて、独自のアレンジとともに文化を再生する」行為だ。

レイはルークの伝説が事実であったことをその身を以て証明する。また、パルパティーンという悪の存在も。カイロ・レンはベイダーという伝説を尊敬しながらも、大事な者を救うという思いをついに達成することで、観客は「そう!ベイダーはこういうやつなんだよ!」と気付く(レイとベンが愛し合っていたかは別として……)。この物語は「伝説と事実から目を背けずに、それらを折衷して、新たな文化をつくりだす」映画なのである。

 

おわりに

度々批判の的になるスター・ウォーズのディズニー3部作。しかしそこに込められた思いは確かにスター・ウォーズのそれであり、ファンを尊重したものであったと改めて気付かされた。

最後に、「スター・ウォーズ」の新作が批判されるのはシークエルの時も同じだったらしいと新参ファンの私は聞く。

スター・ウォーズを好きになって間もない私だが、過去の映画から新しい論調を生み出したいと思って書いた本ブログ、お楽しみ頂けたでしょうか。