Think with Entertainments!

我流を流れ一流へ合流

Voice of the Sea【東京ディズニーシー 非公式音声ガイド】

Voice of the Seaは、東京ディズニーシー非公式の音声ガイドです。

f:id:tamifuru-d777:20191124004548j:image

冒険とイマジネーションの海──東京ディズニーシーを楽しむ全く新しい方法を、ディズニーファンの私TamifuruD(たみふるD)が提案します。

 

目次

 

Voice of the Sea​とは──

f:id:tamifuru-d777:20191123213131j:image

冒険とイマジネーションの海、東京ディズニーシー。そこは、私達に無限の想像力と知識欲を与えてくれる「旅する美術館」。

このような発想の基、ディズニーファンであるたみふるD自らが東京ディズニーシーの音声ガイドを作成致しました。

それこそ、「海の声──Voice of the Sea」なのです。


Voice of the Seas【ディズニーシーの楽しみ方を革新する】

音声ガイドのメディアイメージ

 

 Concept

Voice of the Sea

f:id:tamifuru-d777:20191124115513j:image

東京ディズニーシーが長く大切にして来た言葉「海の声を聞け」。「あなたにとって本当に大切なもの」を心に問う「海の声」にちなんでVoice of the Seaと名付けました。背景となる物語を知ることで、あなたの想像力が更なる飛躍を遂げ「あなたの本当に大切なもの」に辿り付く事を願います。

 

物語を鑑賞し、芸術を冒険せよ。

f:id:tamifuru-d777:20191124115531j:image

東京ディズニーシーとは正に、旅する美術館。私達に癒しと感動、深層までの思索、飽くなき探究心と知識欲を与えてくれるのです。

──そのような思想から生まれたのがVoice of the Sea。世界の歴史物語を自由に見て周り「鑑賞」し、芸術の渦中を「冒険」しましょう。

 

海の「イロ」を知る。

f:id:tamifuru-d777:20191124115605j:image

東京ディズニーシーの醍醐味はやはり、自ら物語を発見し、その先に想像を巡らせること。そのことを踏まえVoice of the Seaでは、敢えて詳しくなりすぎないことを選びました。

真実はその先にとってあります。たみふるDが「イロ」を授けますから、是非「カタチ」を探してみましょう!

 

How to use

Voice of the Seaの3手順

f:id:tamifuru-d777:20191124114934j:image

①マップを見て、指定の順路を進む

②各ポイントの番号の音声を再生

Point イヤホンは片耳に装着すると、パーク内の雰囲気も楽しむことができます

③ガイドと共に、景色やディテールを楽しむ

Point 歩きスマホは危険ですので、音声を聞く際は注意しましょう

 

Number

f:id:tamifuru-d777:20191124114711j:image

すべての音声には、固有の番号が振ってあります。

パークを歩きながら、マップ上の対応する番号を再生すると、解説がアナウンスされる仕組みになっています。

 

Maps

f:id:tamifuru-d777:20191124114616j:image

七つの港についての地図が用意されています。マップ上には、再生すべき音声の番号と順路がシンプルな仕組みで付記されています。

 

Compass

f:id:tamifuru-d777:20191124114626j:image

各々の番号は1, 2, 3, 4…と連続していますが、その番号に収まらない「Compass (コンパス)」という項目があります。​このコンパスは各港にひとつずつ存在し、通常の番号では明かされない港全体の物語について紹介します。

 

Comments

ミステリアスな水門/KTタバ 氏

•その世界の時代背景に合わせて私たちが同じ時代にいるような感覚を与えてくれる解説
•そして、解説自体も演者の1人として存在しているので、公式で設定されている内容がそのまま解説に取り入れられているのが魅力だと感じました。
•その世界におけるゲストが何者かを分かりやすく伝えているのは素晴らしいと思います
•物事の流転や変化が目に取れることをゲストに伝えるのも個人的にすごく好きでした

〜中略〜

とても良い音声ガイドでした!

冒険とイマジネーション

私たちの生きる現実と過去

この双方の切り口から様々なものをディスカバーできるので、重厚にも手軽にも楽しめてひとつのエンターテインメントとして確立できていると思います!

楽しんで聞けました!ありがとうございます

ラグビー合宿低浮上の水門(KTタバ) (@KT_TDRNautilus) on Twitter

 

Korin❤︎ 氏

本当の博物館の音声ガイドみたいで世界観に入り込めてすごくよかったし、BGS初心者の私でもわかりやすかったです!イタリア語やラテン語、建築様式などにも触れて説明してもらえたのでパークの作り込みの深さや素晴らしさに気づくことが出来ました☺️今まで何度もパークに足を運んでいますが知らなかったこと、気づかなかったことをたくさん発見できたのでもっとBGSを知りたいなと思わせて貰えました!とても完成度が高くて、是非ランド版も作って欲しいなと思ってしまいました( o̴̶̷᷄ ·̫ o̴̶̷̥᷅ )笑 たくさん楽しませて頂きました!ありがとうございましたm(_ _)m

𝐾𝑜𝑟𝑖𝑛❤︎ (@miamimaihama) on Twitter

 

Kai 氏

内容は素晴らしいです!聴けてとても嬉しかったです!とても濃い内容ですが、一つ一つのBGSが要約されてるので飽きずに聞けました!

とても細かいところを見ないと絶対にできない内容だと感じました。また、知識の量がとても豊富だと感じました。とても聴きやすく話されている且つ本人にしっかりと知識が入っているのでこちらもすんなりと話が入ってきました。これを商用でそれなりの金額で売り出したとしても私は何も言わずに買うと思います。

それくらい素晴らしいと感じました。

Compassの内容もとても素晴らしく、そのテーマポートについてしっかりとわかりやすく伝えているので、初めてくる方やBGS初心者にもとても伝わりやすい内容だと思いました!Compassを聞けばそれぞれのテーマポートの内容がわかりました。

ただ、付け加えるとしたら、PDの部分が他のテーマポートより少なく感じたので、もう少しあってもいいのかなと思います。また、ミスアイの部分も他とは設定が全く違うと思うので、さらに深くした方がタミフルさんの好き具合が伝わると思いますwまた、ケープコッドもなかなか情報が出回っていないので難しいと思いますが、あそこだけでCompassを作ってもいいと思いました。あそこも奥が深いですからね。アメフロとひとつにしておくのはもったいないと思います。

しかし本当に素晴らしいと思います。

貴重な体験をさせて頂きありがとうございました!長々と失礼しました。

Kai (@tataki0) on Twitter

 

Download

Voice of the SeaはDropboxデータです。

​​このページの一番下にあるリンクから、Dropbox用のファイルを発見し、自身のスマートフォンDropboxに保存しましょう。

 

配布データの一覧

配布ファイルの内容は以下の通りです。

1. 画像

フォルダ名「Maps」

→ファイル名「00. マップの見方.jpg」──マップの見方を解説したものです。(全1枚/jpeg)

→ファイル名「99. テーマポート.jpg──各テーマポートのマップです。(全10枚/jpeg)

2. 音声

フォルダ名「Voices」

→ファイル名「C9 - テーマポート名.mp3」──Compassの項目です。(全7番/mp3)

→ファイル名「99 日本語タイトル/English Title.mp3」──音声データです。(全43番/mp3)

3. テキスト

ファイル名「利用に際し.pdf」

本ページ「Download」に記載の「配布データの一覧」「利用に際し」と同内容のものです。(全1ファイル/pdf)

 

利用に際し

1. データの取り扱いについて

Voice of the Seaは、Dropboxで配布されるコンテンツ本体を除く、すべてのページへのリンクを歓迎します。

Voice of the Seaにおいて、Dropboxで配布されるコンテンツ本体の、私的使用を除く二次配布を許可しません。

2. コンテンツの製作者について

Voice of the Seaの全コンテンツは、東京ディズニーシー東京ディズニーリゾート、株式会社オリエンタルランド様とはなんら関係がないことをお知らせします。

3. コンテンツについて

Voice of the Seaは意図的に、ディズニーパークとしてのストーリーと実際の史実を混同する形で製作されています。

Voice of the Seaは製作時において、正確性のあるデータ根拠を参考としています。これは具体的に「自明の事実」「東京ディズニーリゾートが公式に発表する・した内容」「実際の研究・論文」「人口に膾炙した内容」などを指します。しかし、万一誤りや誤解を招く表現が見られる場合は、製作者へご連絡ください。

4. その他

Voice of the Seaにおいて、製作者のたみふるDをはじめ、全ての製作者は収益を得ておりません。

コンテンツ内にマーメイドラグーンの「アンダー・ザ・シー」に関するマップが存在しないことは、技術的な問題であり、データに異常はありません。ご了承ください。

本ページの「配布データの内容」「利用に際し」は、配布データ内にも同じ内容を記載しています。

 

Voice of the Seaのダウンロードはこちら!

Dropbox - Voices - Simplify your life

 

Voice of the Seaのウェブアプリ

Voice of the Seaをスマートフォンのアプリケーションさながらに動かせるウェブアプリが誕生しました。ホーム画面に追加してお楽しみください。

Voice of the Sea

 

Credits

Special Thanks

本コンテンツ製作に尽力してくださった方。

みずき──マップ製作者として

東京ディズニーシーのストーリーを愛し、日々その伝道に情熱を注がれる方。Voice of the Seaにおける「マップ」は、彼とたみふるDが執筆する東京ディズニーシー非公式ガイドブック“Worldwide Story on Tokyo DisneySea”と同様のものを使用させて頂いた。

みずき@C97 3日目南ヒ10b (@MIZUKI11180409) on Twitter

 

例のアレ──音声データ調整者として

東京ディズニーリゾートにおいては、音声やBGMの録音活動をしておられる方。パークコンテンツの録音・編集の経験を通して、Voice of the Sea全体の音声データの調整に寛容な協力を頂いた。

例のアレ: (@Bcl_winds) on Twitter

 

カルン──正確性の審査員として

東京ディズニーシーのストーリーを研究し、パーク全体において圧倒的な情報圧を誇る方。誠実且つ端的なアドバイスを求めるべく、内容に不備や誤りがないかを確認して頂いた。

カルン (@Karun_CBR) on Twitter

 

Special Voice

たみふるD以外によるVoice原稿

No.08 商店街/Street......Written by カルン

​​メディテレーニアンハーバーのイル・ポスティーノ・ステーショナリーからエンポーリオまでを旅する。製作は原稿チェックのカルン氏であり、多数ある施設を綺麗にまとめてくださった。

 

No.17 ​ハドソンリバー/Hudson River......Written by カルン

アメリカンウォーターフロントを流れるハドソンリバー沿いの施設をフィーチャーした内容。製作は原稿チェックのカルン氏であり、ユーモアに溢れた内容でアメリカの航海文化を楽しめる仕上がりに。

 

〜〜〜

 

【2019/11/24/12:00】公開

【2019/11/28/21:00】Commentsを更新

【2019/12/09/17:50】Commentsを更新

【2019/12/21/22:46】Commentsを追記・更新

【2019/12/22/13:57】一般公開の特報を公開・YouTubeリンクを添付

【2019/12/24/18:25】Download内の「配布データの一覧」を更新

【2019/12/25/00:00】Voice of the Sea一般公開(Merry Christmas!)

【2019/12/25/13:47】How to useにPointを追記

【2019/12/27/17:31】ウェブアプリ公開